Want to Become a Sponsor? Contact Us Now!🎉

Midjourney
Midjourneyネガティブプロンプトの使い方:包括的なガイド

Midjourneyネガティブプロンプトチュートリアル

Published on

Midjourneyネガティブプロンプトの未開拓の潜在能力を発見しましょう。この詳細なガイドでは、高度なテクニック、トラブルシューティングのヒント、画像生成の実践的な応用方法が紹介されます。

Midjourneyネガティブプロンプトのマスタリングについての究極のガイドへようこそ。AIによる画像生成の世界にふれたことがあるのであれば、Midjourneyについては聞いたことがあるかもしれません。この強力なツールは、私たちが画像生成について考える方法を革新しましたが、それを最大限に活用していますか?ネガティブプロンプトが登場するのは、それを行うための強力な機能であり、しばしば見落とされますが、画像の出力を洗練させるのに非常に効果的です。

このガイドでは、Midjourneyネガティブプロンプトの基本的な機能から高度なテクニックの探求、一般的な問題のトラブルシューティングまで、あらゆる情報を提供します。さあ、始めましょう!

Midjourneyネガティブプロンプトの基本を理解する

Midjourneyネガティブプロンプトとは何ですか?

Midjourneyネガティブプロンプトは、基本的にはMidjourney AIに生成される画像に含めない要素を指示するコマンドです。通常のプロンプトではAIに「海の夕日」を作成するように指示することができますが、ネガティブプロンプトでは「--no boats」と指定してみることで、結果の画像には船が含まれないようにすることができます。この機能は、生成される画像にランダムに現れる可能性のある特定の要素を避けたい場合に特に便利です。

Midjourneyでネガティブプロンプトを使用する理由

  • 精度:ネガティブプロンプトによって、AIの出力を細かく調整し、最終的な画像に表示される要素を制御することができます。
  • 効率:望む要素を指定することで、複数の画像を生成するまで何度も試行する必要がある時間を節約することができます。
  • 創造性:ネガティブプロンプトは創造的なツールとしても活用でき、異なる構成やスタイルを試すことができます。

例えば、静謐な自然のシーンを作成し、人間の活動の兆候を避けたい場合、"forest waterfall --no buildings, people"のようなプロンプトを使用することができます。これにより、Midjourneyは自然の要素にだけ焦点を当てて、妙に触れられた風景を提供します。

単一のネガティブプロンプトの使用方法

Midjourneyでネガティブプロンプトを使用するのは簡単です。以下に手順を示します:

  1. Midjourneyを開く:通常、画像生成のためにプロンプトを入力するMidjourneyプラットフォームに移動します。
  2. メインプロンプトを入力:画像に含めたい内容を説明するメインプロンプトを入力します。例えば、「tropical beach」と入力します。
  3. ネガティブプロンプトを追加:メインプロンプトの後にスペースを追加し、「--no」の後に除外したい要素を入力します。例えば、「tropical beach --no people」と入力します。
  4. 画像を生成:画像を生成するためのボタンをクリックし、Midjourneyは除外したい要素を指定した上で、プロンプトに基づいた画像を生成します。

サンプルプロンプト
tropical beach --no people

これらの手順に従うことで、人物のいない美しい熱帯ビーチの画像を取得することができます。自然の美しさを邪魔する要素なしでシーンを捉えることができます。

Midjourneyネガティブプロンプトの高度なテクニック

Midjourneyネガティブプロンプトのマルチプロンプトの力

マルチプロンプトは、さまざまな要素を持つ複雑な画像を生成するために、Midjourneyの体験をさらに向上させる機能です。しかし、ネガティブプロンプトとはどのように連携するのでしょうか?

Midjourneyでは、ダブルコロン :: を使用してプロンプトの異なる部分を区切ることができます。各部分はAIによって個別に考慮され、最終的な出力に対してより多くの制御が可能になります。ネガティブプロンプトと組み合わせると、この機能はカスタマイズの強力なツールとなります。

マルチプロンプトとネガティブプロンプトのサンプルプロンプト
beach sunset::mountain landscape --no people

この例では、Midjourneyは、人物を含まないまま、ビーチの夕日と山の風景を組み合わせた画像を生成します。

Midjourneyネガティブプロンプト

Midjourneyでマルチプロンプトとネガティブプロンプトを使用する方法

  1. メインのプロンプトから始める:画像に含めたい主要な要素をダブルコロンで区切って入力します。例えば、beach sunset::mountain landscapeと入力します。
  2. ネガティブプロンプトを追加:最後のメインプロンプトの後にスペースを追加し、ネガティブプロンプトを含めます。例えば、--no peopleと入力します。
  3. 画像を生成:画像を生成するためのボタンをクリックします。

サンプルプロンプト
beach sunset::mountain landscape --no people

これらの手順に従うことで、人物のいない美しいビーチの夕日と山の風景が美しく融合した画像を受け取ることができます。

Midjourneyネガティブプロンプトでプロンプトの重み付け

もうひとつの高度なテクニックは、重み付けの使用です。Midjourneyでは、プロンプトのさまざまな部分に対して重み付けを割り当てることができます。ダブルコロン :: の後に数値を追加することで行われます。

重み付きサンプルプロンプト
beach sunset::3 mountain landscape::1 --no people

ここでは、「beach sunset」の重みは3、「mountain landscape」の重みは1です。つまり、最終的な画像はより多くの画面スペースをビーチの夕日に重点的に置きつつ、山の風景も含むようになります。

Midjourneyネガティブプロンプトで重みを使用する方法

  1. 重みを持つメインプロンプトを入力:メインプロンプトを入力し、::[weight]の形式で重みを付けます。例えば、beach sunset::3 mountain landscape::1と入力します。
  2. Identify Unwanted Elements: Identify the elements that need to be excluded to meet the requirement.
  3. Craft the Negative Prompt: Create a negative prompt that excludes these unwanted elements.
  4. Generate and Evaluate: Generate the image and evaluate if it aligns with the requirement.

By using negative prompts for specific scenarios, you can generate images that are tailored to the needs and preferences of that particular industry or use case.

Negative Prompts for Aesthetic Preferences:

Negative prompts can also be used to cater to personal aesthetic preferences. If you have a specific style or mood in mind for your image, you can use negative prompts to exclude elements that don't align with that style, creating a cohesive and visually pleasing result.

Sample Prompt for Aesthetic Preferences:
forest landscape --no people buildings

Steps for Aesthetic Negative Prompts:

  1. Define Your Aesthetic: Determine the style or mood you want to achieve in your image.
  2. Exclude Incompatible Elements: Identify the elements that don't align with your desired aesthetic.
  3. Construct the Negative Prompt: Create a negative prompt to exclude these incompatible elements.
  4. Review the Generated Image: Generate the image and evaluate if it reflects your desired aesthetic.

By using negative prompts to cater to your aesthetic preferences, you can ensure that the generated images meet your artistic vision.

Conclusion

The Midjourney Negative Prompt feature allows you to have greater control over the generated images by specifying what elements to exclude. By combining multi-prompts and weights, you can create highly customized images that meet your exact specifications. Troubleshooting tips and adapting to different versions of Midjourney will help you make the most of this feature. Negative prompts can be used for various practical applications, such as improving image composition or catering to specific scenarios and aesthetic preferences. With the Midjourney Negative Prompt, you can unleash your creativity and enhance the quality of your generated images. 2. 不要な要素を特定する: 不要な要素や邪魔になりうる要素をリストアップする。 3. ネガティブプロンプトを使用する: これらの要素をネガティブプロンプトに組み込む。 4. 画像を生成する: 画像を作成し、特定のニーズに合うように確認する。

特定のシナリオに合わせてネガティブプロンプトを調整することで、特定の目的や対象者向けの高度に特化した画像を作成することができます。

Midjourneyネガティブプロンプトの使用上のベストプラクティス

Midjourneyネガティブプロンプトをシンプルに始めましょう:

ネガティブプロンプトの使用が初めての場合、複数の条件を追加してしまいがちですが、通常はシンプルに始めるのが最善です。1つまたは2つのネガティブな条件から始め、徐々に慣れてきてどのように画像に影響を与えるかを確認しながら、より多くの条件を追加していきましょう。

初心者向けのサンプルプロンプト:
ビーチの夕焼け --人なし

シンプルに始めるための手順:

  1. 基本的なメインプロンプトの選択: "ビーチの夕焼け" のようなシンプルなメインプロンプトから始めましょう。
  2. 単一のネガティブ条件の追加: "--人なし" のようなネガティブ条件をプロンプトに追加します。
  3. 生成と評価: 画像を生成し、ネガティブプロンプトがうまく機能しているかどうかを評価します。

プロンプトの干渉を回避する:

よくある間違いの1つは、互いに干渉するプロンプトを作成することです。たとえば、"晴れた森 --木なし" のようなプロンプトは、本質的に矛盾しており、AIを混乱させます。

干渉を回避するための手順:

  1. プロンプトを確認する: 画像を生成する前に、プロンプトに矛盾がないか確認します。
  2. シンプルなプロンプトでテストする: 不確かな場合は、よりシンプルなメインプロンプトでネガティブ条件をテストして、干渉しないことを確認します。

これらのベストプラクティスに従うことで、Midjourneyネガティブプロンプト機能を最大限に活用し、ビジョンと要件に合った画像を作成することができます。

結論

Midjourneyネガティブプロンプトは、カスタマイズとコントロールのレベルが高く、画像生成の体験を大幅に向上させる強力な機能です。完璧なバケーション写真を作りたいカジュアルなユーザーから、複雑なプロジェクトを行っているプロのアーティストまで、ネガティブプロンプトを効果的に使用する方法を理解することは、クリエイティブな可能性の新たな世界を開くことができるでしょう。ですので、ぜひネガティブプロンプトを試してみて、創造的な可能性の新たな世界を開いてください。

Midjourneyネガティブプロンプトに関するFAQ

Midjourneyでネガティブプロンプトを指定するにはどうすればいいですか?

Midjourneyでネガティブプロンプトを指定するには、メインプロンプトの直後に除外したい要素を指定するための--noを追加します。たとえば、メインプロンプトが"晴れたビーチ"で人を除外したい場合、完全なプロンプトはsunny beach --no peopleとなります。

ネガティブプロンプトの指定手順:

  1. Midjourneyを開く: 通常、プロンプトを入力するプラットフォームに移動します。
  2. メインプロンプトを入力する: 指定された領域にメインプロンプトを入力します。
  3. ネガティブプロンプトを追加する: メインプロンプトの後にスペースを追加し、--noを入力して除外したい要素を指定します。
  4. 画像を生成する: プロンプトに基づいて画像を生成するためのボタンをクリックします。

Midjourneyでは「No」と言いますか?

Midjourneyでの「No」という意味は、ネガティブプロンプトの使用を通じて表現されます。生成される画像から除外したい要素に--noの文法を使用します。たとえば、動物のいない森のシーンを求める場合、forest --no animalsというプロンプトを使用します。

ネガティブプロンプトモデルとは何ですか?

「ネガティブプロンプトモデル」というのは、Midjourney内の独立したモデルではなく、既存のMidjourneyシステムの機能の一部です。ネガティブプロンプトを使用することで、特定の要素を除外することができ、AIの出力をビジョンに合わせてカスタマイズすることができます。

Midjourneyでプロンプトを強調するにはどうすればいいですか?

Midjourneyで特定の要素を強調するには、重みを使用することができます。重みは、プロンプトの異なる部分に付けられる数値の値で、重要性を示します。たとえば、「ビーチ」よりも「夕焼け」に重点を置いた画像を生成したい場合、beach::3 sunset::1というプロンプトを使用できます。

プロンプトを強調する手順:

  1. Midjourneyを開く: プロンプトを入力するプラットフォームに移動します。
  2. メインプロンプトを入力する: 画像に含めたい要素を入力します。
  3. 重みを追加する: 各要素の後に、::に続く重みの数値を追加します。
  4. 画像を生成する: プロンプトに基づいて画像を生成するためのボタンをクリックします。

重みを使用することで、AIに特定の要素により焦点を当てるように導くことができ、最終的な画像に対してより多くの制御を得ることができます。

Anakin AI, the Ultimate No Code AI App Builder